法定講習会日程表

【講習の概要】

宅地建物取引士証(宅地建物取引主任者証)の有効期限が満了する方・合格より1年以上経過された方を対象に、宅建業法で定める講習を実施し、宅地建物取引士証の交付事務を行っています。

【日程】

平成28年度の法定講習の日程は下記のとおりです。 宅地建物取引士証(宅地建物取引主任者証)の有効期限の満了が近づいている方は、受講忘れのないようご注意ください。

(有効期限の6か月前から受講できます)

※講習会当日の受講申込みはできません。

講習日
場所
受付期間
1
28. 5. 20(金)
広島県不動産会館(広島会場)
28. 4. 4(月)~ 4. 8(金)
2
28. 6. 10(金)
みやび(福山会場)
28. 4.11(月)~ 4.15(金)
3
28. 7. 8(金)
広島県不動産会館(広島会場)
28. 5.30(月)~ 6. 3(金)
4
28. 9. 2(金)
28. 7.11(月)~ 7.15(金)
5
28.10. 7(金)
みやび(福山会場)
28. 8. 1(月)~ 8. 5(金)
6
28.10.28(金)
広島県不動産会館(広島会場)
28. 9. 5(月)~ 9. 9(金)
7
28.11.18(金)
28.10. 3(月)~10. 7(金)
8
29. 1. 20(金)
28.11.28(月)~12. 2(金)
9
29. 2. 17(金)
みやび(福山会場)
28.12.5(月)~12.9(金)
10
29. 3. 10(金)
広島県不動産会館(広島会場)
29. 1. 30(月)~ 2. 3(金)
宅地建物取引業法の一部改正に伴う宅地建物取引主任者証の
取り扱いについて (重要)
~平成27年4月1日から「宅地建物取引主任者」は「宅地建物取引士」となります!~
宅地建物取引業法の一部改正により、今年4月より、「宅地建物取引主任者」の名称が「宅地建物取引士」に変わります!これに伴い、「宅地建物取引主任者証」も「宅地建物取引士証」に変わり、法定講習会の内容や受講料も変更となります。
今後、「士」となることで、宅地建物取引士として社会的信頼度も高くなり、倫理規定や研修等による一層の資質向上と、専門的知識の習得、また、更なる従業員教育に努める必要があります。

【「法定講習会」の主な変更内容】
改 正 前 改 正 後 (H27.4~)
講習科目 —— 「宅地建物取引士の使命と役割に関する事項」を追加
受講料 11,000円 12,000円

Q:施行日以降、今持っている「〔有効期間のある〕主任者証」は使えますか?
A:施行日以降も「取引士証」とみなされ、有効です。お持ちの「主任者証」の有効期間内は、重要事項説明等の業務に使用できます(現行の主任者証は、改正法附則の経過措置により、平成27年4月以降も有効な取引士証とみなされます)。なお、次回の更新時に「取引士証」が交付されます。

メタ情報