組織概要

(公社)広島県宅地建物取引業協会
会長 津村 義康


当協会は、公益社団法人移行4年目を迎え、地域社会に貢献する団体として、会員皆様のご協力のもと、広島県など行政機関とも緊密に連携協力し、消費者支援・保護、また地域振興のための様々な公益事業を実施して参りました。

昨年度に引き続き「地方創生に協力する広島県宅建協会」「消費者の安全・安心を守る取引士」を目標に掲げ、社会に一層信頼される団体・会員として事業を推進して参ります。

また、会員の増強を図り、情報量の増大等、宅地建物取引業の充実を進めます。

1. 公益団体・会員としての社会的使命を自覚し、研修事業等を充実させ、会員業者・宅地建物取引士・従業者の資質向上を図る。
2. 会員・県民に開かれた健全な協会運営を行い、各種公益事業を推進することにより、安全・安心に暮らせるまちづくりに協力する。
3. 国・県・市町など行政機関や広島宅建(株)・スマイミーなど関係団体等と連携を強化し、空き家活用、中古住宅再生等を促進することにより、 地域の活性化、元気な広島県の創造に寄与する。

【主な事業】
公益社団法人 広島県宅地建物取引業協会
無料相談所の開設
・宅地建物取引士資格試験の実施
免許(更新)事前審査
・各種出版物の監修と発行
・情報の場の提供
・会員に対する指導
・福利厚生

公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会広島本部
・宅地建物取引に関する苦情解決業務
・宅地建物取引に関する弁済業務
・宅地建物取引士等に対する研修
・手付金保証及び手付金等保管事業

【公益社団法人 広島県宅地建物取引業協会について】
“不動産業界の発展と、よりよい住まいの提供”を目指して、公益社団法人広島県宅地建物取引業協会は関連団体の中核となって、さまざまな事業を展開しています。
公益社団法人広島県宅地建物取引業協会は、昭和28年9月、宅地建物取引業法第74条によって、広島県知事認可で設立された公益法人です。県内約2,500名(県内不動産業者の約84%)の会員で構成され、会員は地域に密着してよりよい住まいづくりに貢献しています。
広島県宅建協会は全国組織の公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)に加盟しています。傘下会員数は全国で約10万会員にも上り、宅建業者全体の約80%で組織されています。
宅建協会の会員店には、協会のシンボルマーク「ハトマーク」のステッカーが貼ってあります。住宅を「借りたい、買いたい」、「貸したい、売りたい」―そんなときは、ハトマークのあるお店にご相談ください。きっとご要望に添うご提案をいたします。

(社)広島県宅地建物取引業協会
●協会本部のご案内

公益社団法人 広島県宅地建物取引業協会
定休日: 毎週土日と祝日
受付時間: 午前9時~午後5時30分
交通: 広島電鉄 南区役所前より徒歩5分
詳しい路線図はこちら

住所
電話番号
広島市中区昭和町11-5 広島県不動産会館内 2F
082-243-0011

●各支部のご案内
20091221-naka.jpg

メタ情報