宅地建物取引業免許申請書マニュアル

≪免許申請書の記載例と留意事項≫

2.申請様式について 〈用紙のダウンロード等〉

広島県知事免許申請者は、広島県ホームページ「1.宅地建物取引業免許申請等の手続き」

「1.免許申請について」より入り、
①「PDFファイル版」の「免許申請書・全部版」を開いて印刷し、手書きで作成する。
②「Word版」の「免許申請書・全部版」を右クリック「対象をファイルに保存」にてパソコンに保存してWordで作成する。

③(公社)広島県宅地建物取引業協会各支部にて用紙のコピーを購入(コピー代必要)。
(宅建協会会員、又は新規申請者のみ)

大臣免許申請者は、国土交通省・中国整備局・建政部のホームページ「宅地建物取引業」

「免許申請提出書類一覧表(新規・免許換え・更新)」より入り、Excelにて作成する。

3.事務所所在地、個人住所等の市区町村コードは下記参照。
市区町村コード6桁を記入のこと。

■市区町村コード(広島県)はこちら
■市区町村コード(全国)はこちら

4.免許申請書 (第一面)、(第二面)、(第三面)、(第四面)、添付書類4、添付書類8
①基本の記入の仕方、県番号、役名コード、兼業コード、所属団体コードは、広島県ホームページ 「1.免許申請について」の中の備考を参照(申請書には添付不要)。

ダウンロード
備考(1)(46KB)(PDF文書)備考(2)(31KB)(PDF文書)備考(3)(25KB)(PDF文書)

②(第一面)(第二面)(第三面)(第四面)他
新規業者は、免許番号、免許期間は、記入しない。
所属団体も、基本ないので、所属団体コード:50なしと記入。

5.正本1部、副本2部提出

①新規及び更新申請者は、副本1部が、免許時に申請者控えとして建設事務所より返却される。免許証については、新規申請者は供託済後に、更新の申請者は副本返却時に旧免許証と交換にて渡される。
②証明書等(住民票、納税証明書、登記事項証明書)は、正本に原本1部必要、副本にはコピーを添付。

(マニュアルダウンロード)〈書き方はこちら〉
≪用紙の頁≫
1~6 免許申請書(表紙・第一面~第五面)
7の1,7の2 宅地建物取引業経歴書(添付書類1)
申立書ひな形(参照)
納税証明書・直近1年の期間の考え方(参照)
8 誓約書(添付書類2)
欠格要件(参照)
9 専任の宅地建物取引士設置証明書
10 誓約書(宅地建物取引士が誓約するもの)
11の1,11の2 添付書類4、第一面、第二面
12 宅地建物取引業に従事する者の名簿(添付書類8)
13 宅地建物取引士証のコピー
14 略歴書(添付書類6)
申立書 、非常勤証明書ひな形(見本1~4)
15 住民票の抄本(個人のみ)
16 資産に関する調書(添付書類7)(個人のみ)
17 財務諸表(法人のみ)
18 納税証明書
納税証明書交付請求書 書き方例
国税庁ホームページ/納税証明書
19 登記事項証明書(法人のみ)
20 事務所を使用する権原に関する書面(添付書類5)
21 事務所所在地略図
事務所の要件について(参照)
22の1、22の2 営業保証金の供託を証する書面(更新のみ)
23 事務所の写真
申請書にとじないで提出する書類
(身分証明書・登記されていないことの証明書)
広島法務局ホームページ/登記されていないことの証明書の説明